讃岐うどんツアー 番外編 おそるべきさぬきうどん制覇リスト たまにはいいでしょ!ラーメン リンク集 花鳥&Yの気まぐれ日記

決行日:2002/02/03
参加者:花鳥、健ちゃん、みっちゃん
■今回の凡蔵行きまで・・・
“讃岐うどん喰い隊!!”と称して、本場・讃岐に上陸を重ね、度々うどんを食してきた花鳥。
以前、何かで紹介されていた「はがくれ」という大阪のうどん屋さんを訪れ、食して、その味にガックリして以来、関西でいくら「讃岐うどん」と名乗っていても、関西で美味い讃岐うどんなんて喰えるはずがないという頑固な持論を持ってしまっていた。
ある日、健ちゃんが「こんどのKansaiWalkerにも載っていて思い出したんだけど、前から誰かに噂を聞いていて気になっている讃岐うどん屋が神戸にあんねん。」
「なんかなー。讃岐で修行して、神戸で店出したみたいやで。」
「そんな人、いっぱいおるやろう。“はがくれ”の大将だって、そんな感じだし・・・。」と思いつつ・・・
「しょうがないなー。」という軽い気持ちで、
「わかった。行くわ。」と返事。
「なら、少し調べてみようか。」
と先人達のホームページで色々と調べてみる。
すると、あの有名な“さとなおさん”のさとなおの自腹で満足 というページにHIT!!

内容を見てみると、

と、あの“さとなおさん”がベタボメしている。

文章を読んで、なかなかの好印象を得たし、ものすごく期待が持てると思った。
■当日(2月3日)

16:00

健ちゃんの家に迎えに行く。
健ちゃんのマンションの下に車を止め、10分ほど待っていると健ちゃんが来たので、さっそく出発!
ホームページからプリントアウトした「さとなおさんの自腹で満足!」や「凡蔵」を紹介している個人ホームページを健ちゃんに見せながら、車は神戸市須磨区へ向う。
みっちゃんは帰省している京都の北の方の実家から直接クルマで来ることになっているので、健ちゃんが携帯電話で連絡を取り合いながら、待ち合わせ場所をみっちゃんと打合せしている。
17:10 みっちゃんのほうが、かなり早く来ていることと、少し遅れ気味の花鳥号を考慮し、途中で少しだけ高速に乗り、何とか近辺まで到着!
かなり、みっちゃんの待っている場所に近づき、健ちゃんが携帯電話でみっちゃんへの最終連絡終了。とあるファミリーマートを目指す。
途中、第8回うどんツアーに登場されている「花鳥より讃岐うどん情報に詳しいTAKAMIさん」の話しになり、
健ちゃんが「凡蔵に着いたら、TAKAMIさんに電話して、今、凡蔵にきてますねん。凡蔵って知ってます?って聞いてみたら?・・・」とか何とか言っていた。
「そうやね。」と返事はしたものの、後ほど起こる事件まではすっかりその事を忘れていた。

17:15

みっちゃんと とあるファミリーマートで合流!さっそく「凡蔵」に向う。
【訪問回数】1回目
【住所】兵庫県神戸市須磨区妙法寺字上の界1182−1
【電話】078−741−9124
【営業時間】11:00〜14:30 17:00〜20:45(ラストオーダー)
【定休日】月曜日(月曜祝日の場合は営業、翌火曜日臨時休業)
【駐車場】30台
【定番メニュー】冷やし生じょうゆ600円,冷やしエビ天ぶっかけ900円,冷やしぶっかけ600円(全て税別)

これが凡蔵の店構え!かなりしっかりとした造り。

讃岐のそれとはまったく違う。

夕刻なので写真が暗くてごめんなさい。

17:25

健ちゃんのナビゲーションですぐに「凡蔵」到着!
17:30 入店! 日曜日の夜ということで、家族連れなどで、店はお客さんでいっぱい。
少し待たされ、席に案内される。
店員さんが注文を取りに来るまで、健ちゃんがどこかから仕入れた情報で
「ここはな。注文受けてから、茹で始めるから15分くらい待たされんねん。」と言う。
花鳥が言う。
「確かに茹で立ての方が、美味いわな。茹でてから30分で麺の美味しく食べられる限界らしいからな。まぁーでも讃岐のセルフ店では、そんな事しとったら、店 回らんへんけどな。」
そんなこんな言っているうちに店員さんが来て、注文を聞かれるが、このあと芦屋ラーメンを食べに行く予定にしていたために、みんな注文が低調。
花鳥とみっちゃんが「冷し生じょうゆ・1玉増し(要するに2玉)」、健ちゃんは「冷しエビ天ぶっかけ(1玉)」を注文。
健ちゃんはともかく・・・何が低調やねん! 常に1玉では満足しない二人の胃袋。
17:45 きっちりと、15分。花鳥らの頼んだうどんが持って来られる。
冷し生じょうゆ+1玉増し800円(税別)也!

うむ、なかなか美味そう!

酢橘(スダチ)を搾って、まわしかけ、生じょうゆを全体に行き渡るようにかき混ぜて、

「はい頂きます!」

「ん・・・、うまい!」「うまいなぁー!」

花鳥とみっちゃんが同時にコメント!

健ちゃんのエビ天ぶっかけも美味いみたいだ。

冷しエビ天ぶっかけ900円(税別)也!
次に行く芦屋ラーメンを計算に入れ、1玉増しにしなかった健ちゃんは悔やんでいた。
まさに、先ほどのさとなおさんのコメントと重なりますが、
なめらかなのにコシがある。まさに本場を彷彿とさせる味。
さすが、茹で立てなので生き生きとした麺。

ちょっと不便な場所にあるが、関西の方が近場で讃岐うどんを体験するならこの店は一押しです。行ってみてください!

まさに、あなたを狂わせる魔性の味である。
18:00 うどんを喰い終わり、帰ろうとしてレジに向う花鳥たち3人。
すると、健ちゃんの肩を「ポン、ポン。」と叩く人が・・・。
健ちゃんが「誰や?」と思い、振り返ると、そこに立っていたのは・・・こんな偶然ってあるんでしょうか?
事件です!
何と、50分くらい前にクルマの中で健ちゃんと「凡蔵に着いたら、TAKAMIさんに電話して、今、凡蔵にきてますねん。凡蔵って知ってます?って聞いてみたら?・・・」と言って話題に上がっていた讃岐うどん通のTAKAMIさんでした。
何で!?という驚きが・・・。もう、ビックリ!待ち合わせをしたわけでもないのに!
話しを聞くと、2週間に1回は食べに来ているとのこと。 「さすが讃岐うどん通だなー。」
と感心しながら、この凡蔵という店がTAKAMIさんをもハマらせてた店なんだということに感服致しました。
本日は2号線芦屋ラーメン戦争の「いのしし高原らぁめん」という店へ向う。
本日の小・讃岐うどんツアーはおしまい!
決行日:2002/02/17
参加者:花鳥、健ちゃん、みっちゃん、ホストくん(本当にホストなわけじゃないですよ!)

■今回の凡蔵行きまで・・・

前回、2月3日に「凡蔵」に行った花鳥は、健ちゃんが蔵王へスキーに行っているあいだの2月10日にも、一人で「凡蔵」に行ってしまった。
・・・くらいに、この店を気に入ってしまった。
そこで、次回の本格的な聖地への第10回讃岐うどんツアーのための勧誘活動のため、新たにホストくんを連れ出した。
17:30 またもや、みっちゃんと待ち合わせの「凡蔵」にやって来ました。
讃岐うどんビギナーのホストくんを連れて、本日は4人。
17:35 入店後、店内満席のため、少し待たされたが、4人席に案内される。
店員が来るまで、健ちゃんが何を頼むか迷っている。
花鳥は 冷し生じょうゆ+1玉増しに決めている。
17:40 店員に注文する。健ちゃんも迷った末に、結局、冷し生じょうゆ+1玉増しを頼んだ。
4人とも同じメニューです。ホストくんに「ここでTAKAMIさんに会ってん(会ったんだ)。」とか話しながらうどんが来るのを待つ。
17:55 うどん到着!
今回は、スダチが入っていない。その代わりテーブルに酢橘(スダチ)のビンが置いてあった。
みんな、酢橘(スダチ)を回しかけ、いざ「さぁ、頂きまぁーす。」
ホストくんが言う。
「ほんまに大阪のうどんとは別の喰いもんですね。うまいですワ。このコシ、こんなにアゴを使わないと喰えないなんて思ってませんでした。会社の近くにある四国屋とは全然違う!」
かなり、讃岐うどんの味にビックリしていたようだが、うまいと言ってくれたので安心した。
相変わらず、喰うのが遅い健ちゃんとは違い、花鳥とみっちゃんはあっという間に平らげる。
ホストくんは健ちゃん以上に遅い。初めて喰うコシの強いうどんに悪戦苦闘しているようだ。
「相変わらず、早いなー。二人とも。ホストくん、讃岐に行ったら、こういう奴らと何軒も回らなあかんねんで。」
と健ちゃんが、ホストくんに言う。
こらこら!そんなことを言ったら、ホストくん恐れをなしてツアーに来てくれへんやないか!
などと、思いながら、今回も次の2号線芦屋ラーメン戦争の博多ラーメン「しぇからしか」に気持ちは行っていた。

==今回もこれにて終わり!==

決行日:2002/04/06 【訪問回数】4回目
参加者:花鳥、健ちゃん、ウエノ
本日で4回目。まだ行ったことのないウエノを連れての4回目。3人とも生醤油うどん大を食す。今回花鳥はおでんも2品頂きました。おでんも美味いですねぇ。こんにゃくと玉子が売り切れていたのが残念でしたが・・・。
何回来ても、この店の生醤油うどんは美味いです。ごちそうさま!

==今回はこれにて終了!==

| HOME |

| TOP |

| BACK | | NEXT |
トップページへ 番外編のトップへ 番外編のトップへ 釜揚げ饂飩 唐庵へ